記事一覧

「ビーチサンダル」で抜け感を演出! シティに馴染むコーデの作り方【海外スナップ】

夏の代表的なシューズとして「ビーチサンダル」があります。定番アイテムですが、さっとひっかけて出かけられる手軽さが今季らしいリラックスムードにちょうどよくマッチ。本記事では、ラフになりすぎずタウンユースとして活用できるビーチサンダルコーディネートを海外スナップからお届けします。ジャクリーン・ゼルウィス、ローレン・カルーソ、ペルニーレ・タイスベックの三人のお洒落エリートの私服を覗き見。

今年のビーチサンダルは、ソールに厚みがありぽてっとしたシルエットのものが人気です。ですが、今回フォーカスするのはオーソドックスなビーチサンダル。足元をごくシンプルにすることで今どきなリラックスムードを助長することができるので、是非参考にしてみてくださいね。


■1:ジャクリーン・ゼルウィスは…モノトーンベースにすることでカジュアルすぎるのを防止

图片描述

ファッションブロガーとして活躍するジャクリーン・ゼルウィスを、ベルリンにてスナップ。彼女が愛用していたのは、シンプルな黒のビーチサンダルでした。

さっと気負いなく着こなせるゆったりとしたTシャツワンピースは、タイダイのおかげで立体的にきめることができます。ダークグレーを基調としながらも、裾部分の白と淡いピンクが涼感を両立。

バッグとビーチサンダルも白と黒をセレクトし、全体をモノトーンで調和させればカジュアルになりすぎません。ブルーストーンのリングやビーチサンダルに似合うシェルアンクレットを添えれば、アーバンリラックスな出で立ちが完成です。

■2:ローレン・カルーソは…白と淡いグレーで軽快さを際立てる

图片描述

ファッションエディター、クリエイティブコンサルタントのローレン・カルーソを、 NYファッションウィーク中のストリートにてキャッチ。白と淡いグレーの明るいトーンで統一すれば、夏コーディネートが涼しげに。

ノースリーブトップス、パンツ、ビーチサンダルという一見ラフな着こなしも、一つ一つのシルエットにこだわったからこそ高見えが実現。トップスはスクエアネック、パンツはセンタープレス入り、サンダルはスクエアトゥを選んだことでスタイリッシュに導いています。さらに白と淡いグレーという配色が、都会派ムードの盛り上げに貢献。

バッグもパンツと同じニュアンスグレーで統一しつつ、ゴールドネックレスとピアスを添えればシンプルなのにメリハリある夏コーディネートが出来上がりです。

■3:ペルニーレ・タイスベックは…大胆なアニマル柄ワンピースの外し役として投入

图片描述

パリ ファッションウィーク中にスナップされたスタイリスト、クリエイティブディレクターのペルニーレ・タイスベック。ひねりの効いたお洒落に定評がある彼女らしい着こなしを披露しました。

それ一枚で着映えが叶う、大胆なゼブラ柄ワンピースを活用。白黒ではなく、穏やかなブラウンをベースとしたことで親近感もクリアしています。主張の強いアイテムだからこそ、足元はカジュアルの定番であるビーチサンダルで外すのがお約束。ネイビーとイエローのポップな配色を選べば、夏らしい遊び心を加えることができます。サングラスのフレームも、さりげなくイエローでリンクさせているのが粋!

リッチなツヤを放つゴールドジュエリーを散らしても華美になりすぎないのは、親しみのあるビーチサンダル合わせだからこそ。